招待作品2019

つむぐ

■あらすじ

縞の数だけ織られた想い―

大学3年生のわたほは東京の映像制作会社に就職することを夢見ていたが、ある日東京に先に出ていた姉の結衣が実家の家業である織物会社を継ぐと言い、帰ってくることになった。東京で一緒に住もうと約束していた姉の行動に不信感を抱くわたほ…。そして、姉が帰ってくる日。わたほは鯖江駅に迎えに行くのだが…。 鯖江の地場産業の1つである繊維産業のルーツである石田縞。その特徴である長く伸びる縞のように、ゆっくりと命を紡いできた家族の物語である。

■制作意図

伝統と共につむがれてきた命。それはいつの時代も人の想いと共にある。そして、それをまたつむいでいく。そういう人々の営みを描きたいと思いました。

■主なキャスト

涼邑芹
楠木まゆ
森下舞桜
木下友里
星ようこ
林尋美
松林慎司
大宮将司
松木威人
津田寛治

■主なスタッフ

監督・脚本:片山享
撮影・照明:深谷祐次
録音:坂元就
プロデューサー:勇太

 

監督:片山 享プロフィール


片山 享

1980年生まれ。
福井県鯖江市出身。
大学入学を機に上京。
卒業後、役者として活動を開始する。
2004年初めて参加した自主映画で編集を担当する者がおらず、なぜか編集を押し付けられ、編集を始める。そこから俳優部と編集部の二足の草鞋を履く。2017年、年齢も30半ばを過ぎ、俳優としての鳴かず飛ばず、このまま一生を終えるくらいなら好きなことをやろうと、かねてから映画が撮りたかった想いを爆発させた。地元福井で撮影した「轟音」が2020年公開予定。

作品歴

「いっちょらい」監督・脚本
第24回ながおか映画祭 準グランプリ
はままつ映画祭2018 入選
「名操縦士」監督・脚本
第24回ながおか映画祭 監督賞
第4回立川名画座通り映画祭 審査員特別賞
鶴川ショートムービーコンテスト2018 入選

「つむぐ」監督・脚本
第15回山形国際ムービーフェスティバル 入選

「轟音」監督・脚本
カナザワ映画祭2019 入選
第12回オホーツク網走フィルムフェスティバル ノミネート
はままつ映画祭2019 ノミネート

予告編