福井駅前、取り壊し進む

福井駅に一番近い商店街、あまり名前は知られていないが、「駅前ショッピングプラザ」という名前だったらしい。つい最近、とうとうこの入り口にも万能塀がはられ、とうとう入れなくなった。妄想福井プロジェクトとしても、2011年に福井市中心市街地振興課の補助で「福井のマチの物語展」をこの場所で開催した。いろいろと、企画進めて、手作りで、足で稼いで、がんばったけど、当日のシンポジウムの客の入りは微妙な感じで、それから、この二年間、人を集めるためには、小さなイベントをどんどんとこなして、もっといろんな人を知る事だ、とがんばってきたつもり。

結果として、フクイ夢アートでいっぱい楽しい仲間を見つける事ができて、映画も作れたし、いろんな夢が広がった。そんな駅前が無くなるのは、寂しい。

冒頭の写真は、福井のマチの物語展で、琥珀のママにインタビューをしたときの写真。この店も、三ヶ月ぐらい前に閉められ、駅前が持つ不思議な魅力が少しずつ色あせてきている。

願う事は、次につくられるビルが、新しい素敵な歴史を作ってくれること。

DSC_0006

 

コメントを残す